中古のコンテナハウスでも建築確認申請は通せるんです。

海上コンテナ(ISOコンテナ)が違法だなんて、誰が言ってるんですか?  建築基準法では、海上コンテナやトラックコンテナを“建物や店舗の材料として使用する”ことを「想定していない」だけなんです。 「想定していない」ことが即刻違法であるということにはなりません。  このブログは、Web上に散らばっている数々のQ&Aに、『C-BOXならこう答える』という想定問答集です。

コンテナハウス

コンテナハウスやトレーラーハウスにも固定資産税がかかります。

人気ブログランキングへ
Q:コンテナハウスやトレーラーハウスは固定資産税はかかりますか?

コンテナハウスやトレーラーハウスは固定資産税はかかりますか?

家は固定資産税がかかると思うのですが、
コンテナハウスやトレーラーハウスは動かせる?ので固定資産税はかからないのでしょうか?
また、自分で立てるような小屋は税金はかかりますか?

教えてください。お願いします。

A:国土交通省の方針に厳密に従うなら、トレーラーハウスだろうがコンテナハウスだろうが、基礎工事を行って地面に定着させなければなりません。

参考:建築物の定義について質問です。コンテナを地面に置いたら建築物ですか?

 要は、「屋内的用途(人が出入りする)で継続的(1年以上)使うのであれば、建築物として適合できるようにしなさい」ということです。仮設であればよいのかと言うと、厳密に言うならこれもそうではありません。「仮設の場合は用途と期間を申請せよ」と来ます。

「地震や台風でひっくり返るのは自己責任だからいいじゃないか!」

 とおもうでしょうが、とにかく国土交通省の方針はそういう事です。国土交通省がここの物件について直接摘発をしたり改善・撤去命令を出すわけではありませんから、現在建築確認申請を通さず、不動産登記をしていないコンテナハウスやトレーラーハウスは、すべて違法物件という事になります。

 感覚からすれば、「車検切れの自動車を乗り回している」のと大差がありません。

 実際は都道府県ごと市町村ごとに対応に差があって、私有地であれば大目に見ているところもあれば手隙の職員が摘発に巡回しているところもあります。

 あなたがお住まいの地域はどんなところでしょうか?一度問い合わせをしてみられることをお勧めします。

 半年程度の仮設の予定が、4年近くも仮設のまま営業していた物件も知っていますが、おそらくお目こぼしされていただけなのでしょう。

 地震や台風でひっくり返るのが自己責任なら、摘発を受けるのも自己責任になりますね?

 コンテナハウスやトレーラーハウスに限らず、建築確認申請が必要ない可能性があるのは“コンテナの税務上の扱いについては注意が必要です。”で記載した要件に当てはまる場合くらいのものです。

 ちなみに、「自分手立てるような小屋」も立派な建築物で、通常は不動産登記の対象です。

人気ブログランキングへ

自宅の敷地にコンテナハウスを設置し住むことは可能ですか?

人気ブログランキングへ
Q:自宅の敷地にコンテナハウスを設置し住むことは可能ですか?

A:自宅の敷地という事ですので、「既に適法な建築物のある敷地内への増築」という事になります。

 コンテナハウスの設置スペースが確保できて、ご自宅まで大型トラックが侵入可能で、ユニッククレーンでの荷おろしが可能であれば、コンテナハウスを設置して住むことは可能です。

 お住まいの住所が防火地域や準防火地域の範囲内でなければ、床面積10?以下であれば建築確認申請は不要な場合があります。

 ですがそこへ住むという事になれば、国土交通省の方針では「人が出入りする物は全て建築物でなければならない」という事ですので、基礎を設置して地面に定着させることが求められ、不動産登記を行い固定資産税を支払う事が求められます。下記の過去記事をご参照ください。

人気ブログランキングへ

母屋はコンテナ、水回り(台所、トイレ、風呂)を離れにしたら安くなりませんか?

人気ブログランキングへ
Q:一人暮らしなので、母屋はコンテナを使用する予定です。

家を建てる場合、水回り(台所、トイレ、風呂)を離れにしたら、母屋の費用は安くなりませんか?
A:「更地で新築をする」という仮定でお話ししましょう。

 新築であったとしても、水回り(台所、トイレ、風呂)なしの単なる“部屋”だけの建物を作ることは可能です。建築確認申請や不動産登記も通せます。当然、母屋にかかる費用は安く上げることはできます。

 後日、水回り(台所、トイレ、風呂)を増築することも可能です。その際、10?以下に収めることができれば建築確認申請は不要な場合もあります。

 コンテナハウスと一般の木造住宅やプレハブのどちらが安く上げられるかは、どんな作りにするかによるのでご希望されるイメージで見積もりを取ってみなければ正確なことは言えません。

 不便さを承知の上でなら、そのような住宅も十分ありだと思いますよ?

人気ブログランキングへ

コンテナで家は作れます。無理ではありません。値段はあなたが何を望むか次第です。

人気ブログランキングへ
Q:コンテナで家作れますか?


コンテナで家作れますか?むりですか?
高いですか値段?
A:コンテナで家は作れます。無理ではありません。ただし、建築基準法など諸法令での制限がありますので、“コンテナは住宅に使用できますか?答え:できます。”の記事を参考にしてください。

 値段については、費用など掛けようと思えばいくらでも掛けられる物ですから何とも言えません。基礎工事やライフラインの引き込み、建築確認申請など法的手続きの費用は、規模が同じ程度なら大きく変わることはないはずです。

 変わるとすれば、材料費と建築工事費位でしょう。“コンテナハウスのC-BOX”サイトの中古コンテナ情報のページには、多少ではありますがメンテナンス済みコンテナの参考価格が掲載されています。
 この価格だって在庫限りの値段であって、中古コンテナの値段は相場により大きく変動します。メンテナンス済みの販売用よりは、素材として使用する場合のほうが安くはなるでしょうが、その都度見積もりをしてみなければ正確な値段は提示できません。

 最も重要なのは、『あなたがコンテナハウスに何を望んでいるか』です。移動可能なコンテナであるとはいえ、都市計画法や建築基準法の適用が避けられるわけではありませんので、コンテナの税務上の扱いや設置場所の地域区分についてはくれぐれもご注意ください。

 施主支給やセルフビルドなどの手法を用いれば、金銭的な支払総額を抑えることが可能ですが、その分あなた自身が手間をかけなくてはなりません。

 「あなた自身が何を望んでいるか」を一緒に見極めようとしてくれる建築家や設計士とチームを組むことができれば、希望していた以上のものを手に入れられることもあるでしょう。

人気ブログランキングへ

コンテナハウスをゲストハウスとして使用できるのでしょうか?

人気ブログランキングへ
Q:コンテナハウスをゲストハウスとして使用できるのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答saisattoさん

可能です。

しかし、コンテナハウスに電気、水道、トイレなどを設置しますと
住宅と同様に建築基準法や都市計画法が適用されます。
A:「ライフラインを引き込むと建築基準法や都市計画法が適用される」のではありません。
  どんなものであっても「人が出入りして屋内的に使用するものは全て建築物として扱われる」のです。

 都市計画法の対象地域なら、都市計画法の規定に沿うように作らなくてはいけません。

 前回の“自分で古いコンテナ買ってそれを家のかわりにできますか?”に続いてベストアンサーの引用です。

 どんなコンテナであっても、ゲストハウスとして使用できるように改装することは可能です。ですが、人が寝泊まりするという事になれば必ず建築基準法の適用を受けるのです。

 例外規定の範囲に収めようと思えば、床面積10?以下に抑えなくてはなりませんが、これだって地域によっては適用外になります。

「設置できる場所がある」という事と「制作することが可能」という事、それから「法律的に許可される」というのは全く別の問題なんです。

 私がこのような相談を受けたなら、

  1. ゲストハウス向けのコンテナハウスを造ることは可能。
  2. 人が出入り・寝泊まりするようなものは全て建築物として扱われる。
  3. 10㎡以下という例外規定はあるが、地域によること。
 上記3点を伝えた上で、「どんな地域に住んでいるのか?」「どの程度の大きさ・質のものが必要なのか?」「最低でも4tロングボデーのユニック車が寄り付くことができるのか?」「予算はどの程度かけられるのか?」と言ったことをお聞かせ願うんです。

 そうでないと、質問者の「本当のところどうしたいのか?」という一番重要な部分の糸口すらつかめないでしょう?
人気ブログランキングへ
プロフィール

container_box

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ