人気ブログランキングへ

 多少なりとも建築に携わっているのであれば、ご存じないはずはないでしょう。

 建築確認申請の際に構造計算書の提出が免除されている場合があります。

 具体的にいえば、建築基準法第6条に定められている「4号建築物」です。例えば、『木造2階建てで延べ面積が500m²以下のもの』などはこれに当てはまります。

 4号というからには1号~3号もあるわけで、概略は下記のとおりです。

1号建築物:
  特殊建築物(建築基準法別表第1(い)欄の用途のもの)かつ 床面積>100m²
2号建築物:
  木造かつ 階数≧3 延面積>500m² H>13m 軒H>9m のどれかにあてはまるもの
3号建築物:
  木造以外かつ 階数≧2 延面積>200m² のどれかにあてはまるもの
 4合建築物は、上記の規定に該当しないものとなり、木造の他に「鉄筋コンクリートや鉄骨構造で平家の200㎡以下の建築物」も含まれます。ときどき話題に出される『平屋のコンテナハウス』はここに入ります。

 ちなみに1号~3号までの各種建築物は、全国どこに建てる場合でも用途や構造や規模により確認申請が必要になります。「都市計画区域等内では、1号~3号に該当しないその他の建築物(4号建築物)も確認申請を受けなさい。」という規定です。

 ところで、この4号建築物にはある特例が設定されています。建築基準法第6条の3に規定されるもので、概略としては

「“認定を受けた工法や材料で建築された建築物”と“4号建築物で、建築士の設計したもの”については確認申請の審査を簡略化して構わない」
 という規定です。「骨組の設計に要する構造計算書を省略して建築確認申請できる」のです。

 まとめてみましょうか?

 「建築士が設計」して、「平屋」で、かつ「延面積200m²以内」であれば、海上コンテナ(ISOコンテナ)だろうがトラックコンテナだろうが『建築確認は申請できるし、通すこともできる』のです。
 もちろん、「建築士が描いた設計図」のとおりに施工されていれば、中間検査も竣工検査も通ります。

 決して、

  • 実は竣工検査を受けていないとか、
  • 行政の担当者が「平屋程度なのでま、いいか」という事にしてしまったなどのいい加減な措置とか、
  • 間違い
 などという例ばかりではありません。そのような例が無いとは言いませんがね?

 ところで、構造計算書の提出は省略することはできても、構造計算そのものを省略してよいわけではありません。建築士は建築基準法の構造規定に適合する建築物を設計しなければなりません。現状では、建築士自身のモラルに任されているとも言えます。

 構造解析用のアプリケーションに掛けるだけが能ではありません。どのようにして構造強度を確保するかは建築士の頭の働かせどころであり、それをどう実現するかは職人の腕の見せどころでありましょう。

人気ブログランキングへ コンテナハウスのC-BOX