人気ブログランキングへ
Q:コンテナハウスを事務所として使用しておりますが、建築確認申請をしていなかったようです。

コンテナハウスを事務所として使用しておりますが、建築確認申請をしていなかったようです。役所の建築指導課に相談するべきでしょうか?それともやぶへびになってしまうでしょうか? 現在コンテナハウス(2階建て:一階4本、二階2本)を事務所として使用しております。土地・建物を借りているのですが、どうやらコンテナハウスを造ったときに建築確認申請をしていなかったようです。もちろん基礎もないので登記もされておりません。事業上の都合で建築確認申請書が必要なのですが、どうしたらよいでしょうか?役所の建築指導課に相談するべきといわれたのですが、いわゆる違法建築扱いになってしまった場合、ここの事務所で営業を続けるのことができなくなってしまっては元も子もないので・・どなたかお教えください。よろしくお願いします。


A:「基礎がなくて登記もされていない」という時点で、この土地・建物の持ち主には建築確認の申請をする意思が無かった事がうかがわれます。

 なぜなら、建築確認申請を通すには「基礎を用いて地面に定着されていること」が必須だからです。

 確かに、リンク先の回答のように「既存建築物の法適合性の確認」という制度そのものはあるのですが、建築確認申請に対応した構造になっていなければ法適合性を認めてもらえる可能性は極めて低いと思われます。

 質問者の事務所がどのような場所にあるかによって事情は変わってきますが、何が何でも建築確認申請を通したいなら、一時的に解体撤去して基礎工事を行い、再度組み立てた上で法に準拠した補強を行う必要があります。

 違法建築扱いになった場合に、直接処罰されるのは“建主”(この場合は土地・建物の所有者)ですので、質問者に累が及ぶことはないのでしょうが、いずれにしても営業に支障が発生することは避けられそうにありません。

 建築士をまじえて役所と協議してみる価値はあるでしょうが、申請が通る可能性があるのか、まったくナンセンスな話なのかと言われたら、「ナンセンス寄り」とお答えしておきましょう。

「私有地なら、よほど周囲に大きな迷惑をかけていない限り不問とする」というのは、役所の対応としてはごくごくスタンダードなものでしょうが、建築確認を通してくれるかどうかとは全く別の問題です。

 立ち退きや撤去・解体までは強制されなくても、今後の事業展開に大きな影響が発生することは避けられそうにありません。

コンテナハウスのC-BOX

人気ブログランキングへ