人気ブログランキングへ
違法なコンテナ倉庫が撤去されないことについて考えられる3つの理由は下記のとおりです。
  1. “差し迫った危険性”が見えていないから。
  2. 需要と供給が成立しているから。
  3. 解体・撤去のための費用が捻出できないから。 
 3番が根本的な理由というのは、前回書いたとおりです。指導や命令が出されようが何をしようが、解体・撤去のための費用がどこからか捻出されなければ実際に作業は行われません。

 まぁ、それは最終的な理由だとして、「行政・役人がどうして動かないんだ?」という発言も見受けられます。

 推測に過ぎませんが、一応お話ししておきましょう。1.の「“差し迫った危険性”が見えていないから。」ということは間違いなくあるでしょうね。

 実際問題として、どの程度の自然災害などがあれば違法なコンテナ倉庫群が周囲への迷惑となるのかは何ともいえません。基礎に固定していないプレハブが大風で動いてしまい、隣家に激突したというような例も聞かれますから、思ったよりもその危険性は高いといえるかもしれません。

 ですが、死傷者が出ないと動きがとれないのも役所というものなのではないでしょうか?

 本当のところどうなのかは、私にはわかりません。ですから、あくまで推測です。

 ですが、ただひたすら「違法だ!危険だ!」と叫んで回ることと同様に、役人の怠慢をつるし上げていても、結局何の解決にもならない可能性が非常に高いのは間違いないでしょう。 
人気ブログランキングへ